巷でよく耳にする「FX=外国為替証拠金取引」とは何?

メディアでよく取り上げられているFX、実際に取引はしたことがないけれどこの言葉だけは聞いたことがある、という人は多いのではないでしょうか。

FXとはForeign Exchangeの略称で直訳すれば外国通貨ということになります。
その名の通り外国の通貨=お金を売買する取引であり、これが外国為替証拠金取引という意味です。ちなみに海外では頭文字をとって「フォーレックス」=Forex(Foreign exchange)と呼ばれることもあります。

さて一口にお金といっても、世界中には様々な種類のお金があります。日本では円ですが、アメリカならドル、ヨーロッパならユーロといった具合に世界中にある、それぞれの国で使われている通貨を売り買いし、為替の差益で利益を出す取引がFX=外国為替証拠金取引なのです。

日本では1998年に外国為替及び外国貿易法の改正が行われ、個人の外国為替取引が法的に認められるようになりました。外国通貨を利用した取引の一つである外貨預金が銀行管轄、FXのような外国為替取引が証券会社管轄といった形をとり、従来の個人向け金融商品である株や債権などに次ぎ、FXは現在急成長している金融商品でもあるのです。

・意外と身近?な外国為替取引

外国為替証拠金取引、と聞くとその名前だけで何か小難しい取引なのではないかと敬遠しそうになります。FXには興味があるけれど、理解できるかわからない・・・そういった方でも実は身近なところでFX取引のような経験をしているのです。

一度は海外旅行に行ったことがある、または計画したことがあれば、FXの仕組みをすぐに理解できます。というのも、海外旅行では必ず日本の円から現地の通貨へ「両替」を行うはずだからです。例えば日本からハワイへ旅行するとすれば、現地では日本円は使えません。ハワイはアメリカ合衆国ですから、買い物をするにしてもUSドルが必要です。そこで空港にある外貨両替所や、旅行前に銀行などで日本円10万円分ならその分と同等価値のUSドルに換えてもらいます。
これが日本円を売って、USドルを買う取引=FXの類似体験と言えます。

もしこの時円が強くて1ドルが90円の円高為替レートだとしたら、1000ドルを9万円で買うことができます。逆に1ドルが110円なら1000ドル買うのに11万円が必要になります。為替レートは常に決まっておらずいつも変動しています。これが為替変動であり、外貨両替所での時間やタイミングによって損をしたり得をしたりすることになります。このように変動する為替レートの中、外国通貨間での差益を得るのがFX取引の主な仕組みになのです。

海外旅行だけに限らず、ニュースでは日々円高だとか円安だとか聞くことがありますよね。円高の今ならドルを多く買うことができるぞと考えたり、1ドル120円になっていて手元に500ドルあったら5万円+1万円も儲かる!と嬉しくなったりしませんか。

このように身近なところで誰もがFX取引の仕組みを実体験していたりするのです。

24オプションの成立ち

もともとバイナリーオプションは2010年ほどから出てきた振興金融商品でしたが、24オプションが登場してからそのマイナー感は一変しました。

大型プロモーションや毎日もらえるようなインセンティブボーナスなどトレーダーの興味をひきつけてやまない金融商品へと生まれ変わりました。

MENU