FX業者を選ぶ3つのポイント

自分自身の資金を使って投資を行うことを考えれば、利用するFX会社がどのように資産管理をしているのかを必ず知っておくべきです。名の知れた大手FX会社の大半は、経営が危うくなるなど万が一の事態に備えて顧客の資産は分散管理しています。別の信託銀行にて資産を管理しているなど対策が採られているため、経営破たんなどに直面しても顧客の資産がすべてなくなるというようなことはありません。自分の資産を預けて投資を行うわけですから、この点は念のため確認しておくようにしましょう。

利用するFX会社を選ぶ基準として上記で述べたことは第一優先に考えることですが、その他には自分の得意とする取引や、置かれている環境、ライフスタイルなどに合わせて選択することです。初めてのFXという方にはこの業者選びがまず第一の関門になりますが、口座を開設するだけなら費用はかかりませんので、試しに2社から3社ほど選択しておくのも良いかもしれません。


FX業者を選ぶポイント1 取引スタイル・ライフスタイル

自分が好む取引は何か?自分のライフスタイルや自由になる時間、場所などは?こういったポイントをまとめておくと自分に合うFX業者を選ぶヒントになります。投資する金額は大口にしたいという方、短期間の取引を数多く行いたい方、投資する時間に余裕のある方など人によってライフスタイルや取引スタイルは様々でしょう。
FX初心者でまずは試しに始めてみようという方なら、一回の取引にかかる投資費用が小さくリスクも低いFX業者を選ぶことをお勧めできますし、逆に大口投資を希望する方ならスプレッド幅が狭いことをウリにしているFX業者がお勧めでしょう。

FXをこれから始めようとしている方なら、口座開設時にキャッシュバックのキャンペーンが行われているようなFX業者もお勧めです。ちなみにXM.comはキャッシュバックキャンペーンでいつも話題になっています。
長期間、外貨を眠らせながら保有したい方には金利差を利用したスワップポイントの高いFX業者がお勧めでしょう。置いた期間の長さに乗じて金利が加えられていきます。


FX業者を選ぶポイント2 スプレッド

FX取引に欠かせないのがこのスプレッドです。簡単に言えば取引一回にかかる手数料のようなものです。取引が多ければ多いほど、手数料もかさみその分経費がかかります。一日の取引回数が多い方や大口投資の方は、スプレッドの狭いFX業者を選択した方が良いといえます。余計なコストを抑えて取引をうまく進めていくためには低スプレッドというポイントは重視する部分でしょう。


FX業者を選ぶポイント3 スワップポイント

FXでは自分の選択した2つの通貨が重要になります。この2国の通貨で設定されている金利は異なり、そこに生じる金利差を利用して得られる利益がスワップポイントです。スワップポイントの設定に関してもFX業者によって違いますから着眼すべきポイントとなります。そもそも2国の通貨に生じる金利差は同じなのでは?と思われるかもしれませんが、FX業者の企業努力の違いなどによりそれぞれ業者間で差が出ているのです。 

24オプションの成立ち

もともとバイナリーオプションは2010年ほどから出てきた振興金融商品でしたが、24オプションが登場してからそのマイナー感は一変しました。

大型プロモーションや毎日もらえるようなインセンティブボーナスなどトレーダーの興味をひきつけてやまない金融商品へと生まれ変わりました。

MENU