24オプション・取引方法

24オプション 取引画面(プラットフォーム)

24オプションの100%ボーナスキャンペーンが人気を集めています。この機会に初めたいけれど、いきなり海外業者の口座を開く事に不安を感じている方もいらっしゃると思います。

そんなあなたのために24オプションのプラットフォームと取引方法をご案内します。ここで紹介する以外の総括的な情報を探るにはhttp://www.fxonlinejp.com/がお薦めです。

なお、バイナリーオプションとはそれぞれの取引プラットフォームの異なりが非常に重要な選択要素となってきますので知っておきましょう。

海外の業者の利用には様々な不安があって当然だと思います。

英語に自信がなく不安という方もいらっしゃるでしょうが、24オプションではサポートは全て日本語で受けられます。加えて、海外事業者の中でもSmartOptionと同等レベルの日本人スタッフの クオリティがあり、トップクラスですから困ったときにサポートが受けられないという心配は不要です。

高/低 (HIGH/LOWの事です)

ワンタッチ

境界

60セカンズ


の順に並んでいます。画面右側には日本人スタッフへ連絡をするために、電話・チャット・メールが用意されています。その下にはビデオセンターという項目がありますが、これが優れものです。

取引に役立ついろいろな事が勉強できるのです。これについては改めてご説明します。

そして、HIGH/LOWでは国内業者とは比べ物にならない程の多数の取り扱い商品があります。

実際に取引画面で確認した所、取引できる銘柄はFXの通貨ペアはなんと17種類です。もちろん為替だけではなく、株式は26銘柄、株価指数が16種類、金や原油等の商品(コモディティ)と多岐に渡りバイナリーオプション取引が可能です。

株式は日本でも有名なgoogle・Appleなどがあります。為替だけでなく株にもHIGH/LOWがあるのです。見てもらった画像でもNIKEやAmazonの文字がありますね。

これだけの様々な取引商品を取り揃えているので、24オプションはバイナリーオプション初心者から、本格派トレーダーまで柔軟に対応できるバイナリーオプション業者と言えると思います。ここと対等な勝負をできるのはブローカーで言えばTrade Rushくらいだと言われています。

実際の取引方法は改めて詳しくご案内します。画面に表示されている+がHIGH、-がLOWをさしています。

24オプションの成立ち

もともとバイナリーオプションは2010年ほどから出てきた振興金融商品でしたが、24オプションが登場してからそのマイナー感は一変しました。

大型プロモーションや毎日もらえるようなインセンティブボーナスなどトレーダーの興味をひきつけてやまない金融商品へと生まれ変わりました。

MENU