24オプション・ワンポイントアドバイス

24オプションは、プロのトレーダーから副業トレーダー、または完全に初心者である主婦層まで安定した人気を誇っているバイナリーオプション業者です。ただ残念ながらすでに営業を日本では停止しています。いまはここから派生してきたワイバイナリーという業者名になり生まれ変わっています。

バイナリーオプションは、商品の価格が上がるか下がるかの二者択一で投資を行う簡単さがメリットですが、実はその判定の方法にはさまざまなパターンがあります。

1種類のオプションしか扱っていない業者もありますが、24オプションでは3つのオプションと取り扱っているので、好きなオプションを選んで投資を行い、チャンスを広げることができます。

1つ目はバイナリーオプションのスタンダードともいえる「ハイ&ロー」。その名の通り、スタート時点から終了時点までに、価格が上がるか下がるかを予想します。

ハイ&ローオプションではあくまでもスタートと終了の2時点のみがかかわってくるので、その間のチャートの値動きは利益確定には関係がありません。そのため、チャートを長時間分析する必要がなく、予測しやすいオプションになっています。

24オプションではさらに60秒から超短時間から投資可能なので、初心者の方でもチャレンジしやすいオプションといえます。

参考WEB: KaigaiBestFX.com

2つ目は、ハイ&ローより難度が少々高い分、より大きな利益を手にするチャンスが生まれる「ワンタッチ」です。ハイ&ローでは上がるか下がるかを指定するだけでしたが、ワンタッチオプションでは特定の価格を指定し、スタートから終了までに1度でもその価格に「タッチ」すれば、その時点で利益獲得が決定します。

反対に「ノータッチ」といって、指定した価格に1度も届かなければ利益が決定するオプションも選択できます。

ワンタッチはチャートが大きく動いているときに、ノータッチはあまり動きがないときに適したオプションだといわれています。

3つ目は、チャートの動きがないことを逆手にとって利益を獲得することがだきる「レンジ」です。レンジとは「範囲」の意味で使われますが、バイナリーオプションでは、値動きの上限と下限をトレーダーが設定して、スタートから終了まで商品の価格がその範囲内におさまっていれば利益が得られるという仕組みのオプションのことを指します。

ノータッチとは違い、指定価格までの推移はokですが、上限をこえてしまうか、下限をしたまわってしまえば、その時点で損失が決定します。通常値動きのない商品で利益をあげるのは難しいものですが、レンジであれば、ずっと安定して低い価格をつけているような商品でも、利益をあげることができる可能性が高くなります。

24オプションの成立ち

もともとバイナリーオプションは2010年ほどから出てきた振興金融商品でしたが、24オプションが登場してからそのマイナー感は一変しました。

大型プロモーションや毎日もらえるようなインセンティブボーナスなどトレーダーの興味をひきつけてやまない金融商品へと生まれ変わりました。

MENU